総監修:
社会医療法人 寿会 富永病院 副院長 (脳神経内科部長・頭痛センター長)
竹島 多賀夫先生

vol.9 チーフ、降圧薬を飲む

おさらい

片頭痛の予防薬とは?

毎日服用することで、頭痛の強さや頻度を軽減させます。
予防薬は片頭痛の発作を完全に抑えるものではありません。
多くの場合、効果が出はじめるまで期間を要します。

先生 先生からの一言

片頭痛の予防薬には別の病気の治療に用いられるものもあります。飲み合わせが悪い場合や、特定の病気を持つ場合には、一緒に飲めないお薬がありますので、医師に飲んでいるお薬や持病について必ず伝えましょう。

予防薬が必要な場合

以下のような場合、医師により必要と判断された時に処方されます。

  • 片頭痛発作が月に2回以上ある場合
  • 急性期治療薬(トリプタン製剤や鎮痛薬など)のみでは片頭痛による日常生活の支障が残る場合
  • 急性期治療薬(トリプタン製剤や鎮痛薬など)が使用できない場合
先生 先生からの一言

片頭痛の治療には痛みを抑える治療(急性期治療)と予防療法があります。片頭痛のお薬を飲んでいる方は、頭痛の持続時間や強さ、お薬の使用量の記録を手帳やカレンダー等に書いて、診療時に先生に相談するのもよいでしょう。