頭痛オンライン頭痛に悩む方の
ためのWebサイト

facebook twitter line
総監修:社会医療法人 寿会 富永病院 副院長
(脳神経内科部長・頭痛センター長)
竹島 多賀夫先生
  • ホーム
  • >
  • 竹島先生からのメッセージ

竹島先生からのメッセージ

竹島 多賀夫 先生

医療法人 寿会 富永病院 副院長
(脳神経内科部長・頭痛センター長)
竹島 多賀夫 先生

頭痛診療は患者さんと、頭痛の症状を相談しながら進めます。ご自身の頭痛について、記録を取る事は、より正確な治療法の組み立てに役立ちます。

頭痛は受診する事で良くなるのでしょうか?

頭痛の原因は様々です。まずは頭痛タイプの正確な診断が必要です。さらに、頭痛を増悪させている要因を把握して、適切な治療方針をそれぞれの患者さんに合わせて組み立てます。大部分の頭痛には有効な治療法がありますが、現在、まだ十分な治療法が解明されていない頭痛もあります。このような場合には、経験にもとづいていろいろな治療を試みています。専門外来を受診されることで、正確な診断と最先端の治療を受けることができ、なんらかの改善や前進があるでしょう。

頭痛診療の流れはどのような流れになりますか?

頭痛外来は予約診療としています。現在の主治医の先生に紹介状を書いてもらって当科の新患外来(予約不要)を受診してください。病状をお聞きして(問診)、神経内科的な診察を行い、必要な検査(血液検査、レントゲンなど)を実施して、頭痛外来の予約をお取りします。頭痛専門外来では、頭痛に関してより詳しく病状をお聞きして、それぞれの患者さんに合った治療法を選択します。なるべくゆっくりお話をお聞きして、相談しながら進めますので、予約があっても待ち時間が長くなる場合があることをあらかじめ御理解お願いします。

これから受診される方に、アドバイスをお願いします。

頭痛の経過や特徴、これまでの治療を箇条書きにまとめておいていただくと参考になります。頭痛ダイアリーを数ヶ月記録して受診いただくと病状がよく理解できます。頭痛ダイアリーは、このホームページからもダウンロードできます。1年以内に脳MRIやCT検査を他院で受けられた場合は、フィルムを借りて、持参していただくと参考になります。