頭痛オンライン頭痛に悩む方の
ためのWebサイト

facebook twitter line
総監修:社会医療法人 寿会 富永病院 副院長
(脳神経内科部長・頭痛センター長)
竹島 多賀夫先生
  • ホーム
  • >
  • 頭痛のタイプと原因
  • >
  • その頭痛は片頭痛?他の疾患による頭痛?

その頭痛は片頭痛?他の疾患による頭痛?

2020年3月作成

副鼻腔炎で頭痛が起こる?1), 2), 3)

副鼻腔炎

鼻の疾患「副鼻腔炎」でも頭痛の症状が現れることがあります。
副鼻腔炎は、以前は「蓄膿症(ちくのうしょう)」とも呼ばれていました。頬や両目の間、おでこの下の骨の中に粘膜で覆われた
空洞があり、そこで炎症が起こる病気です。風邪などによる鼻の粘膜の炎症に引き続いて急性副鼻腔炎が起こり、鼻がつまり、ドロドロとしたねばっこい色のついた鼻水(鼻汁)が多く出ます。
また、嫌なにおいを感じる、においが分かりにくくなる、頭痛などの症状がみられることもあります。

片頭痛や緊張型頭痛と頭の痛む場所が似ており、また片頭痛でもくしゃみや鼻づまり、鼻水といった鼻部の自律神経の症状を伴うことがあるため、片頭痛と誤解される可能性があります。
副鼻腔炎による頭痛(急性鼻副鼻腔炎による頭痛)では、目の奥やおでこあたりが痛むと感じることがあるので、医療機関を受診する際には、医師に「頭の痛む場所」や、鼻づまりなどの「症状」、頭痛が起こり始めた「時期」などを伝えるようにしてください。

片頭痛をもっている方が副鼻腔炎になると、片頭痛が悪化することがあります。また、急性副鼻腔炎を放置していると長引いて慢性副鼻腔炎になることもありますので、早めに受診するようにしましょう。

歯や顎の疾患による頭痛4), 5)

歯や顎の疾患による頭痛

歯や顎関節の痛みが頭痛に影響を及ぼすことがあります。特に顎関節症は女性に多い疾患であり、片頭痛や緊張型頭痛は顎関節症を併発することが多いと言われています。顎関節症の代表的な症状は、食事や会話などで「あごを動かすと痛い」、「あごを動かすと音がする」、「口が開かない」です。歯や顎関節の痛みが頭や顔に分散しているのか、片頭痛や緊張型頭痛なのかを見極めて治療することが大切です。
片頭痛がある方で歯科を受診される場合は、歯科医師に片頭痛があることを伝えてください。

月経前症候群(PMS)による頭痛と片頭痛4), 6)

女性は月経前に3~10日間続く精神的症状または身体的症状があらわれることがあり、これを月経前症候群(PMS)といいます。精神的症状では、イライラ、眠気、不安、落ち込み、集中力の低下など、身体的症状では、腹痛、胸の張り、腰痛、頭痛、むくみなどがみられます。症状や程度には個人差がありますが、月経前に症状が現れ、月経開始後に症状が和らぐのが特徴です。
片頭痛も思春期から閉経までの女性に多く、月経前から月経中に起こりやすい疾患です。月経前症候群と同じ頃に現れ、女性であることや年齢層から片頭痛の症状が月経前症候群の症状ととらえられてしまうことがあります。
月経前症候群の症状である頭痛なのか、片頭痛なのかを見極めて、きちんと対処することが大切です。

また、月経前症候群の治療では、経口避妊薬が使用されることがあります。前兆のある片頭痛の方にはエストロゲンを含む経口避妊薬は原則として禁忌(使用禁止)とされています。頭痛の症状が辛い、頻繁に頭痛が起こるなど頭痛に悩んでいる方は、頭痛診療を行う医療機関も受診することをお勧めします。

まとめ

今まで片頭痛に悩まされていた方は、他の疾患により頭痛が悪化したり、慢性化する場合もあります。また、原因となる疾患を治療することで、あなたを悩ませていた頭痛の解消も期待できます。
いつもと異なる頭痛や、今まで頭痛がなかったのに急に頭痛が起こるようになったなど気になる頭痛を感じた場合は、医療機関を受診し医師に相談してください。

<参考>
1)日本頭痛学会・国際頭痛分類委員会 : 国際頭痛分類 第3版, 医学書院, 2018.
2)日本鼻科学会急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン作成委員会 : 急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン2010年版, 日本鼻科学会, 2010
3)日本耳鼻咽喉科学会, はなの病気Q&A<副鼻腔炎>, (http://www.jibika.or.jp/citizens/handbook/hana2.html)
4)慢性頭痛の診療ガイドライン作成委員会 : 慢性頭痛の診療ガイドライン2013, 医学書院, 2013.
5)日本顎関節学会 編 : 顎関節症治療の指針2018 (http://kokuhoken.net/jstmj/publication/file/guideline/guideline_treatment_tmj_2018.pdf)
6)日本産科婦人科学会, 産科・婦人科の病気<月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)>, (http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13)